・ 日焼け止め成分について。紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い。UV対策化粧品配合成分について
スローコスメ・無添加化粧品コレクション
スローコスメ・無添加化粧品コレクション 無添加とは 成分別無添加化粧品 化粧品成分早見表 安心な野菜・無農薬野菜について 無添加化粧品口コミ
無添加化粧品


無添加コレクションTOP >  無添加とは > 化粧品の日焼け止め成分について


無添加一覧
 無添加化粧品とは
無添加とは
化粧品の種類
化粧品成分の説明
化粧品の定義
化粧品の選び方
動物実験について
美白成分とは
日焼け止め成分について
コスメジプシー
成分早見表
成分早見表
化粧品成分配合事典
旧表示指定成分
合成界面活性剤
成分別化粧品
成分別化粧品
合成界面活性剤不使用化粧品
旧指定成分不使用化粧品
アルコール不使用化粧品
オイル不使用化粧品
自然派化粧品・植物配合

化粧品口コミ
無農薬食材について
アレルギー食品
おすすめ書籍
サイトマップ
リンク
リンクについて





化粧品の日焼け止め成分について

日焼け止め成分について

【紫外線の種類】

紫外線には3種類あります。まずはその種類を知っておきましょう。
【UV-A】 ・・・ 大気の中ではほとんど吸収されずに地表に達する紫外線。 肌の真皮を刺激し、当たると肌が黒くなり、日焼けとなる。窓ガラスは通過する。
【UV-B】 ・・・オゾン層の増減によって、地上に到達する量に変動がある。 肌の表皮を傷つけ、浴びると肌が赤くなる日焼けをする。
【UV-C】 ・・・オゾン層によりほぼ吸収されてしまうため、地上にはほとんど到達しない。 ただし、最も危険な紫外線。

【日焼け止め・UV化粧品】
サンスクリーン剤が入っている化粧品、UV対策化粧品には、「SPF」と「PA」が書かれています。

  • 「SPF」・・・【UV-B】紫外線B波はをカットする力を表します。
  • 「PA」・・・【UV-A】紫外線A波をカットする力を表します。

【SPF値とは?】
SPF値・・・ SPF1が、肌が赤くなるまでの時間を、20分間遅らせるということ。
「SPF値10」をぬると、普通に紫外線をあびる時の10倍、時間を伸ばすことが出来ます。

【PA値とは?】
肌を黒くする日焼けを起こすまでの時間を伸ばす力を表しています。 PA+は2〜4倍、PA++は4〜8倍、PA+++は8倍以上伸びる計算です。

【紫外線吸収剤】
日焼け止め化粧品の配合成分に「紫外線吸収剤」があります。パルソールA、メギゾリル、オキシベンソン、 グアイアズレン、サリチル酸フェニル、パラアミノ安息香酸エステルなどです。
これは化合物で、肌に刺激を与える成分です。人によってはピリピリしたりすることがあります。 できるだけ不使用のサンスクリーン日焼け止めを選びましょう。

【紫外線散乱剤】
紫外線散乱剤は、肌の上で紫外線を反射させる物質です。酸化チタン、参加セリウム、カオリン、 タルクなどがあります。 これらは化学変化を起こさないので肌に優しい成分です。紫外線散乱剤を総じて「ノンケミカル」とも呼びます。 UV対策には「ノンケミカル」表示のものを選ぶようにするのが望ましいです。


配合成分別 化粧品 一覧
合成界面活性剤不使用の化粧品
旧指定成分不使用の化粧品
アルコール不使用の化粧品
オイル不使用の化粧品
自然派・植物志向の化粧品


HOME | site map | mail | privacy | infomation |
Copyright(C)2006 - 2017.スローコスメ・無添加化粧品コレクション  All rights reserved.
当サイト内全ての掲載内容・画像・文章等の無断使用・無断転載・複製について固く禁じます。