・ 化粧品選びのポイント。無添加化粧品、自然派化粧品とはどういうもののことを指すのか。合成ポリマーの説明。
スローコスメ・無添加化粧品コレクション
スローコスメ・無添加化粧品コレクション 無添加とは 成分別無添加化粧品 化粧品成分早見表 安心な野菜・無農薬野菜について 無添加化粧品口コミ
無添加化粧品


無添加コレクションTOP >  無添加とは > 化粧品選びのポイント


無添加一覧
 無添加化粧品とは
無添加とは
化粧品の種類
化粧品成分の説明
化粧品の定義
化粧品の選び方
動物実験について
美白成分とは
日焼け止め成分について
コスメジプシー
成分早見表
成分早見表
化粧品成分配合事典
旧表示指定成分
合成界面活性剤
成分別化粧品
成分別化粧品
合成界面活性剤不使用化粧品
旧指定成分不使用化粧品
アルコール不使用化粧品
オイル不使用化粧品
自然派化粧品・植物配合

化粧品口コミ
無農薬食材について
アレルギー食品
おすすめ書籍
サイトマップ
リンク
リンクについて





化粧品選びのポイント

化粧品選びのポイント

【合成界面活性剤の少ないものを】
合成界面活性剤が少ないものを選びましょう。化粧品に明記されている配合成分一覧を見ると、 いろいろな難しい名前が並んでいますね。 その中でも特に注意したい合成界面活性剤を表にしました。(*合成界面活性剤一覧
これらの成分が少ないものを極力選ぶようにしましょう。合成界面活性剤の肌に与える影響については 「合成界面活性剤とは」をご覧下さい。
現在販売されている化粧品の中から、「合成界面活性剤を使っていない化粧品」を選ぶことは至難の業です。 ですので、選ぶポイントとしては、 アイテムをメーカーごとに見比べたとき、成分表を見比べ、合成界面活性剤が「10成分はいっているものよりも、2成分のほうを選ぶ」ということ。 より少ないほうを選んで生きましょう。

【タール系色素を使っていないメイクアップ】
口紅の成分表に出てくる「赤色○号」という成分。これはタール系色素を使っているということです。
タール系色素には、ベンゼンやトルエンという石油を原料とした成分が配合されており、 アレルギーを起こす危険性・発がん物質性の報告などがあり、ぜひ避けてほしい成分です。

【防腐剤・殺菌剤】
化粧品は3年間持つように、防腐剤や殺菌剤が入っています。 これらは特に肌への影響は少ないですが、成分表に書かれている中で、なるべく少なく配合されているものを選びましょう。 成分表に並んだ順番は「多いもの順」に書かれているのです。ですので、パラベンやフェノキシエタノールが、 上位に書かれているとしたなら、ずいぶん防腐剤を入れていることになります。 防腐剤には「パラベン・フェノキシエタノール」などが代表的ですが、植物に含まれている防腐作用を上手に利用している化粧品もあります。

【紫外線吸収剤】
UV対策の化粧品には、紫外線を吸収して肌へ届かないようにする「紫外線吸収剤」が配合されている場合があります。 代表的なのは、パラアミノ安息香酸エステルやオキシベンソンなど。 これらはアレルギーを起こしやすいことが報告されていますので、避けましょう。
最近ではUV化粧品には化粧品を跳ね返す成分「紫外線散乱剤」 を使用するメーカーも多くなってきました。これならアレルギーの心配も少ないと言えます。


配合成分別 化粧品 一覧
合成界面活性剤不使用の化粧品
旧指定成分不使用の化粧品
アルコール不使用の化粧品
オイル不使用の化粧品
自然派・植物志向の化粧品

HOME | site map | mail | privacy | infomation |
Copyright(C)2006-2017.スローコスメ・無添加化粧品コレクション  All rights reserved.
当サイト内の全ての掲載内容・画像・文章等の無断使用・無断転載・複製について固く禁じます。